2017/05/24 18:42

乳児の頭が大きいと感じたら…水頭症の症状と治療法

脳内には脳脊髄液と呼ばれる組織液が存在しています。脳脊髄液は絶えず産生と吸収を繰り返しており、一定量に保たれていますが過剰に溜まることがあります。この状態が、水頭症です。今回は水頭症の症状と治療法について解説します。

脳内に存在する脳脊髄液

ひとかたまりのように思える脳は様々な部分があり、いくつもの部屋に分かれています。脳にある部分のうち、側脳室、第三脳室、第四脳室に存在する脈絡叢と呼ばれる組織で産生されている液体が脳脊髄液です。脳脊髄液は常に脳や脊髄を循環しており、クモ膜顆粒という組織で吸収され、静脈に流れ込みます。
脳や脊髄の表面には常に約120~150mlの脳脊髄液が存在しています。成人の場合、脳脊髄液は1日に約400~500ml産生されているといわれているため、1日に3回入れ替わっている計算になります。

脳脊髄液が過剰に溜まる水頭症

脳脊髄液は絶えず産生され、循環、吸収されていますが、産生と吸収のバランスが取れずに脳内に過剰に脳脊髄液が溜まっている状態が水頭症です。水頭症は、脳脊髄液が過剰に産生され吸収が追い付かない場合や、何らかの原因により髄液の通り道が閉塞され脳内に脳脊髄液が溜まる場合に起こります。赤ちゃんの水頭症は後者の場合が多く、原因は体内感染を含めた先天性のものによる場合がほとんどです。また、髄膜炎や脳腫瘍などが原因で続発的に発症する場合もあります。

赤ちゃんに起こる症状のうち、頭のサイズが異常に大きくなることから水頭症が診断されることが多いです。赤ちゃんの頭蓋骨は完全につながっていないため、前頭部にある大泉門(だいせんもん)という頭蓋骨の隙間の皮膚が外に張る場合もあります。その他、乳幼児の水頭症で見られる症状は以下の通りです。

目がとろんとして元気が無い、首のすわりが不安定、頭痛、嘔吐、けいれん発作、歩行の異常、視力の低下

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >