2017/05/20 10:00

「ママ・赤ちゃん留学」利用者が急増!女性の再就職に光?

「ママ・赤ちゃん留学」利用者昨年の4倍に

ママと赤ちゃんが一緒にセブ島で学べると評判の「ママ・赤ちゃん留学」は、4月時点での利用者が昨年の4倍となっており、2017年に入り急激に増えています。

「ママ・赤ちゃん留学」は株式会社留学情報館(東京都新宿区、代表:大塚庸平)が提供する留学プログラム。今回の利用者急増の背景としては、「育児休暇中にスキルアップ」「早い段階での英語習得」といったママの意識変化があると考えられています。

「働き方改革実現会議」という去年よりスタートした会議においても、女性が学び直すことは再就職において重要であると指摘されています。

このため今後も「ママ・赤ちゃん留学」を利用する人が増えていくことも予想されます。

留学先はセブ島が人気

これまで親子での留学先といえばハワイが人気でしたが、今ではセブ島(フィリピン)が人気のようです。

その理由としては
・移動時間が少なく、母子の負担が小さい
・日本との時差が1時間程度で、日本と連絡しやすい
・費用的に安く済む
・生後育6ヶ月から通えるインターナショナルスクール
などが挙げられています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >