2017/06/08 10:23

『目の紫外線対策』をテーマとした「意識・実態調査」を実施

20~40代の女性500 名を対象としたアンケート

参天製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長(兼 CEO):黒川 明)は、20~40代の女性500 名を対象とした『目の紫外線対策』をテーマとしたインターネットによる「意識・実態調査」を2017年3 月13 日~2017年3月16日の期間に実施。また調査結果をふまえて紫外線が目におよぼす影響や対策のポイントについて、眼科医の杉本由佳先生にお話を伺いました。

「目の紫外線対策」に関する調査

20~40代女性のうち「紫外線が気になる」と答えた人84%という結果に。また、普段の紫外線対策の状況についても聞いたところ、「一年中している」人が37%、「時季に合わせてしている」人が51%という結果になりました。このアンケート結果から時季によっては9割近くが何らかの紫外線対策をおこなっていることが見えてきました。

◆紫外線対策をしている部位

Q.紫外線対策をしている部位はどこですか?

顔( 98%)、体(55%)、目(13%)、髪(11%)、その他(1%)

Q.目の紫外線対策をしていない理由はなんですか?

何をすればよいかわからないから(54%)、面倒だから(33%)、重要性を理解していなかったから(24%)、対策するお金がないから(12%)、その他( 2%)

☆紫外線対策をしている部位は「顔」が98%で圧倒的に多く、「体」も55%と半数以上になりました。一方で、「目」という回答は13%にとどまりました。また目の紫外線対策をしていない人にその理由を聞くと「何をすればよいか分からないから」が 54%で最多という結果になりました。

目の紫外線対策に関する理解度についての調査

Q1.目が紫外線の影響を受けることを知っていましたか?

知っていた(82%)、知らなかった(18%)

Q.長時間、強い紫外線を浴びると目の病気の原因になり得ることを知っていましたか?

知っていた(46%)、知らなかった(54%)

Q.直接肌に紫外線を浴びることだけでなく目に入る紫外線も日焼けの一因となることを知っていましたか?

知っていた(55%)、知らなかった(45%)

☆アンケート結果により目が紫外線の影響を受けること自体は多くの女性が認知している様子。一方で目に対して影響があることを知っていながらも実際は何も対策をしていない女性が多いという結果になりました。

※図解による詳しいアンケート結果は下の「参考サイト」のリンク先にて確認出来ます。

杉本由佳先生に聞く「目の紫外線対策」のポイントのテーマ

①「目の紫外線対策」が重要な理由とは?
②「目の紫外線対策」が重要な理由とは?
③こんなシーンは要注意!日常生活の落とし穴
④具体的な「目のUVケア」のポイントとは?

※「目の紫外線対策」のポイントの各テーマの詳しい解説は「参考サイト」のリンク先にて確認出来ます。

【杉本由佳(すぎもと・ゆか) プロフィール】

眼科医。中目黒眼科院長。1982 年埼玉医科大学卒。1982 年、埼玉医科大学付属病院眼科学教室にて研修医を経て1984年より助手に。1993年かわごえ眼科開業。1999年医療法人社団映光会 中目黒眼科を開業。現在は医療法人社団映光会 理事長と中目黒眼科 院長を務める。また同院では、目の紫外線ケアを促すため、度入りサングラスの処方なども展開している。(☆美 ST、女性自身、BeauTV ~VOCE ビューティーヴィー、25ans、日経ヘルスをはじめ、メディア出演も多数)。

■紫外線で傷ついた角膜ダメージを修復「サンテ メディカルガード EX」

「サンテ メディカルガード EX」は、角膜修復・保護機能に特化した眼科薬。角膜の修復を促す活性型ビタミンB2や角膜にうるおいを与えて保護するコンドロイチンを配合しているため紫外線による角膜のダメージケアにも効果を発揮します。さらに目の疲れや花粉など紫外線対策以外のケアもできることから汎用性が高く普段使っている目薬の効能を同時に求めたい方にもおすすめです。

【サンテ メディカルガード EX 概要】

医薬品分類:第2類医薬品/容量:12mL/用法・用量:1回(1~3滴)、1日(5~6回点眼)/液の色:黄色透明/メーカー希望小売価格:1,480 円(税抜)/効能・効果:紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、目の疲れ、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、結膜充血、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感。

参考サイト

中目黒眼科HP
サンテ メディカルガード EX
参天製薬 プレスリリース

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >