2017/07/12 08:45

森永乳業『岩見沢市における母子健康調査』を 6 月 1 日(木)よりスタート

出生率向上と低体重児の減少などを目的とした調査

森永乳業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮原 道夫)は、北海道大学 COI(※1)「食と健康の達人®」として岩見沢市、北海道大学 COI 参加の共同研究企業と『岩見沢市における母子健康調査』を 6 月 1 日(木)より開始しました。

※1: 文部科学省と国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が実施する、産学官連携によって革新的なイノベーションの実現をめざす研究開発プログラム。☆北海道大学は2015年より本プログラムに採択され、筑波大学、北里大学や、30 社を超える企業・関連機関とともに『食と健康の達人』拠点として活動。一人ひとりの健康状態にあわせた最適な「食と運動」により「女性、子どもと高齢者にやさしい社会」の実現を目指しています。

岩見沢市における母子健康調査

【日本と世界の出生率の比較】

現在の「日本の合計特殊出生率(※1)」は1.45 (2015年) であり、フランスの2.01、英国1.92、米国1.88(いずれも2013 年)とは大きな開きがあります。また生まれてくる新生児に着目すると日本の低出生体重児比率は9.5%であり、フィンランド 4.2%、OECD(25ヶ国)6.8%(いずれも 2014年)に比べて非常に高い水準にあり1990 年の 6.3%と比較して3.2%も増加しています。(OECD Health Statistics 2016)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >