2017/07/15 09:13

ヒューマンスターチャイルド、保育所に新たなICTシステム導入

システムで保育士の働き方改革を推進

ヒューマンスターチャイルド株式会社(神奈川県横浜市 代表取締役:川下裕左)は、保育所と保護者間を結ぶ専用システムを導入しました。

このシステムを導入したのは、ヒューマンスターチャイルドが運営する認可保育所全15園。

このシステムは保育士が保育業務に集中できるようサポートするとともに、保護者と保育所におけるコミュニケーションツールとしても活用できる模様です。

これに伴い、園ではタブレット端末など約140台を導入。ICT(情報通信技術)を保育現場に取り入れることで業務効率を向上させ、保育士の労働環境改善を推進していくとのことです。

保育業務に集中するべく負担を軽減

近年、業務の多さをはじめとする保育士の労働環境が問題視されています。

保育士に関するアンケート調査などを見ても、残業や持ち帰りの業務などが多く、こうした仕事量の多さが保育士を退職する大きな要因となっているようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >