2017/07/11 21:00

ロング法、低刺激周期法とはどんな方法ですか

体外受精には、いくつかの方法があります。医師からロング法と低刺激周期法を勧められているという相談者さんから、それぞれのメリットとデメリットについて質問が寄せられました。

不妊治療に関する相談:「体外受精のロング法と低刺激周期法について」『不妊症で治療を受けています。40代目前という年齢から体外授精を勧められていて、ロング法と低刺激周期法を提案されています。それぞれのメリットとデメリットが分からないのですが、どのような特徴があるのでしょうか。また2回流産を経験しているのですが、不育症の検査をしておくべきでしょうか。(30代・女性) 』

採卵日がコントロールしやすいロング法

相談者さんが医師から勧められている方法の一つであるロング法について、専門家にその特徴を伺ってみましょう。

『ロング法は、卵胞発育が均一になり採卵日がコントロールしやすいため採卵が容易であることが特徴です。その半面、下垂体ホルモンを抑制するための注射が多くなり、卵巣予備機能が悪いと卵胞が上手く育たない場合もあります。また、hCGを使用するため卵巣過剰刺激症候群を引き起こす可能性があります。(看護師) 』

『ロング法は排卵せずに、採卵が出来るという利点があります。しかし、通院の頻度や薬剤に伴う卵巣過剰刺激症候群が強く出る可能性があります。(看護師) 』

通院回数が少ない低刺激周期法

続いて、もう一つの選択肢として相談者さんが提案されている低刺激周期法についてです。通院回数が少なくて済むため働く女性には選択しやすい方法といわれていますが、他にはどのような特徴があるのでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >