2017/07/12 11:00

子宮内膜症の手術をした方が、妊娠率は上がるの?

婦人科系の病気の中には、妊娠に影響を与えるものもあります。不妊治療中の女性から、子宮内膜症の手術と妊娠について相談がありました。専門家はどのように答えているでしょうか。

手術と不妊治療に関する相談:「不妊治療のステップアップ前に、内膜症の手術をした方がいいか悩みます」『現在37歳で妊活6カ月目です。人工授精の結果が出ないため、体外授精にステップアップを考えています。私は子宮内膜症で左右の卵巣に約4cmのチョコレート嚢胞がありますが、不妊検査の結果医師から問題なく自然妊娠出来ると言われました。しかし内膜症の手術をした方からは、お腹の中がきれいになり妊娠率が上がると聞きました。このまま体外受精にステップアップするのと、内膜症の手術をするのと、どちらが良いのでしょうか。(30代・女性) 』

手術で悪化する可能性も

チョコレート嚢胞の手術が妊娠に対して与える影響について、専門家が説明しています。

『医師によっては見解・考え方などが異なる場合もあるので、今回のように別の方法をアドバイスされるケースもあります。ご友人がお話されたのは、あくまでも自分の経験が元になっており手術をした方が良い状況にあったのだと考えられます。しかし、チョコレート嚢胞の手術をすることで卵巣やその周囲の組織が癒着する可能性もあり、かえって不妊の原因になる可能性も否定できません。(看護師) 』

セカンドオピニオンも検討してみて

身体の状態は、人それぞれ異なります。治療方針に不安があるのなら医師に相談したり、セカンドオピニオンを検討してみましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >