2017/07/18 21:00

突発性発疹と風邪の違いは?発熱が40℃を超えることも?

突発性発疹は生後半年から2歳までにかかることが多く、急な発熱や全身の発疹に驚くママも多いようです。突発性発疹と単なる風邪には、どのような違いがあるのでしょうか。また、突発性発疹で40℃を超える高熱が出ても心配無いのでしょうか。

1歳児のママからの相談:「突発性発疹と風邪はどう違う?見分け方がよく分かりません」『子どもが1歳の少し前に突発性発疹になり、病院で薬をもらいました。突発が終わったからこれからは普通の風邪に注意だねと医師から言われましたが、風邪と突発性発疹の違いがよく分かりません。次も熱が出たらすぐ病院に連れて行こうとは思っていますが、何か自宅で出来ることはあるのでしょうか。また、突発性発疹の時は42℃まで熱が上がりとても心配しました。これ程熱が出ることはあるのでしょうか。(20代・女性) 』

風邪のような咳・鼻水などの症状は少ない

突発性発疹の場合、一般的な風邪症状である咳や鼻水などは少ないようです。突発性発疹はウィルスの型が2つあり、2度かかることもあります。また特徴的な発疹については、必ず出るとは限らないようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >