2017/07/19 21:00

子どもが発熱。熱が高くても元気なら解熱剤は必要無い?

子どもはよく熱を出しますが、どの程度まで自宅で様子を見ていていいのか判断に迷うことも多いでしょう。子どもが発熱した場合の病院受診の目安や解熱剤の使用方法について、専門家に聞いてみました。

1歳児のママからの相談:「熱があっても比較的元気ですが、病院で解熱剤が処方されました」『娘は1歳半頃から熱を出すことが増えました。しかし、朝38℃以上でも病院に着くと下がっていることもあり、どの程度まで家で様子を見ればいいのか分かりません。本人は、熱があっても比較的元気です。病院では解熱剤を処方されることが多く38.5℃を超えたら使用するよう言われますが、37.5~39.5℃位を行き来するので使用するのを躊躇ってしまいます。熱が高くても元気なら、薬を使わずに様子見でいいのでしょうか。(20代・女性)』

38.5℃以上はあくまでも目安

解熱剤を使用するのが38.5℃以上というのは、あくまでも単なる目安です。熱があっても元気で特に変わった様子が無ければ、無理に解熱剤を使わなくても良いようです。暑い・寒いなどの体温調節に注意をし、こまめな水分補給を心がけましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >