2017/07/27 21:00

多嚢胞性卵巣症候群に効果アリ?卵巣に穴を開ける治療法

不妊治療には様々な方法があり、多嚢胞性卵巣症候群の場合卵巣に穴を開ける方法があります。具体的にはどのような方法なのでしょうか。

多嚢胞性卵巣症候群についての相談:「卵巣に穴を開ける治療法について」『長年子どもを授からず悩んでいる友人がいます。夫婦で病院に行ったところ、奥さんが多嚢胞性卵巣症候群と診断されたそうです。初めはホルモン治療をしていたようですが治療効果が上がらず、最近全身麻酔し腹腔鏡下で卵巣に穴を開ける手術を受けたと聞きました。この穴が新たな卵子の放出ルートになるのでしょうか。手術の効果は1年しか続かないそうですが、卵子の放出路が閉鎖するためでしょうか(30代・男性)』

壁に穴を開けることで妊娠率向上。タイムリミットは1年

厚くなった卵巣の壁に穴を開ける方法は、腹腔鏡下卵巣多孔術、腹腔鏡下卵巣焼灼術という手術法です。妊娠率は上がるようですが、時間の経過とともに穴が塞がるため効果が期待出来るのは約1年といわれているようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン