2017/08/12 11:00

赤ちゃんの歯が癒合歯!?今後どのような対策が必要?

生後5カ月頃から生えてくる赤ちゃんの乳歯ですが、稀に2本の歯がくっついた「癒合歯」と呼ばれる状態で生えることがあるようです。生えてきた歯が癒合歯だった場合、注意すべき点や今後の対策などについて専門家に尋ねてみました。

8カ月の子どものママからの相談:「生えてきた歯が癒合歯ですが、このまま放置していいのでしょうか」『我が子は生後6カ月頃に歯が生えてきて、最初は分かりませんでしたが完全に生えてみると癒合歯でした。健診時に指摘されて一度歯科に行きましたが、それ以降は全く受診の必要は無いと言われました。しかし、雑誌やインターネットの情報を見て他の歯よりも虫歯になりやすいと知り、癒合歯の存在が心配です。このまま様子を見ていて良いのか、それとも定期的に歯科でチェックして貰った方が良いのか悩んでいます。(40代・女性)』

永久歯の数が足りない可能性も

癒合歯ですと、今後生えてくる永久歯の数が足りない可能性もあるようです。また、生えてきたとしても大きさが他の歯と比べて小さく歯並びに影響することもありますので、5歳頃に一度レントゲン撮影にて確認をした方が良いでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン