2017/09/02 11:00

妊娠初期の絨毛膜下血腫、少量でも出血があれば受診すべき?

妊娠中、絨毛膜下血腫と診断されたらどうしたらいいのでしょうか。今回の相談者さんは、妊娠3カ月の妊婦さんです。絨毛膜下血腫と診断されたものの、医者からは普段通りの生活をして大量の出血があったら受診するようにと言われています。少量でも出血があったら受診した方がいいのか、赤ちゃんの成長の妨げにならないかと心配していますが、専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

妊娠期の体調不良についての相談:「絨毛膜下血腫の受診のタイミング」『妊娠初期に、赤ちゃんの入っている袋と同じ大きさの絨毛膜下血腫が確認されました。医師からは普段通りの生活をして、もし大量の出血があったら受診するようにと言われました。妊娠が分かってすぐの頃には、たまに少量の出血があったのですが、受診後は出血もなく普段通りに過ごしています。少量の出血があった場合でも、受診した方がいいのでしょうか。また、絨毛膜下血腫は赤ちゃんが大きくなるうえで邪魔になることはないのでしょうか。(30代・女性)』

妊娠経過とともに消滅する絨毛膜下血腫。中には例外も

赤ちゃんを包んでいる卵膜は、3つの膜で作られています。絨毛膜は、そのうちの一つです。何らかの原因で絨毛膜下に出血が起こり、血腫がある状態です。血腫の大きさによっては、流産や早産の原因になると言われています。

『絨毛膜下血腫は妊娠初期に出現することが多いですが、妊娠経過に伴って自然に吸収されていきます。しかし中には妊娠週数が進んでも十分に吸収されずに残存していることもあり、大きさや場所によっては早産や胎児の成長に悪影響を及ぼすこともあり得ます。(小児科専門医)』

『出血量についても基本的には少量であれば問題ないことがほとんどですが、絨毛膜下血腫の部位によっては、子宮の外に出てこなくても多く出血していることがあるため必ずしも少量であれば大丈夫とは言いにくいです。いずれにせよ絨毛膜下血腫の部位や大きさに依るため、今後の赤ちゃんへの影響も含めてかかりつけの先生に相談されることをお勧めします。(小児科専門医)』

出血があれば安静にして様子見を。場合によっては受診を

絨毛膜下血腫に限らず出血したら少量でも安静にして様子を見るようにし、場合によっては受診しましょう。通常絨毛膜下血腫は出血も少なく、妊娠が経過するとともに体内に吸収されます。しかし例外もあり、子宮内で大量出血している可能性はゼロではないようです。

『一般的に絨毛膜下血腫は出血量が少なく、自然に体内に吸収されます。絨毛膜下血腫が原因の少量の出血でしたら普段通りの生活で大丈夫ですが、妊娠初期は普段の生活でも流産のリスクがあります。絨毛膜下血腫に限らず、出血があればトイレ以外の行動は控え、横になって安静にして様子を見て下さい。(看護師)』

『流産の可能性がある場合、出血している時に慌てて動き回ると流産が進行することがあります。安静にしていても出血が止まらない・鮮血の出血がある・出血に伴うお腹の痛みがある・出血量が増える・塊が出るようなら、すぐに病院に連絡して下さい。血腫は自然に吸収されますし、妊娠5カ月頃には落ち着く方が多いため、赤ちゃんの成長には影響ない場合が多いです。(看護師)』

妊娠中に出血があった場合、例え少量でも安静にして様子を見るようにし、場合によっては受診してください。絨毛膜下血腫は経過とともに消滅し、5カ月頃には落ち着く方が多いため、胎児に影響はない場合がほとんどです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >