2017/09/24 11:00

虫歯菌を減らしたい!妊娠中から出来る良い対策は?

妊娠中に受けた歯科検診で、思いもよらず虫歯等が見つかることもあります。しっかり磨いているつもりだったのに、磨き残しや虫歯菌も多いと指摘された相談者の方からの相談です。妊娠中から出来る虫歯対策について、歯科衛生士さんや看護師さん達に尋ねてみました。

プレママからの相談:「妊婦歯科検診で虫歯菌の多さを指摘。今から出来る虫歯予防は?」『今まで虫歯になったことや歯医者に通った経験も無いですし、自分では1日3回しっかり磨いているつもりでした。しかし先日、市町村の妊婦歯科検診に行くと、磨き残しが多い上に虫歯菌も多いと指摘されました。今後は、ブラッシングを丁寧にして歯を清潔に保つつもりですが、子どもが産まれてから注意すべきことや、妊娠中の今から虫歯菌を減らすために出来ることはあるのでしょうか?(20代・女性)』

なんで妊娠中は虫歯になりやすいの?『妊娠中は、ホルモンの影響によって免疫力が低下すること、唾液の分泌が減ること、つわりによって歯磨きがしずらいことから、口腔内の清潔を保ちにくい状態になります。また、子宮が増大に伴い胃が圧迫されて1回の食事量が摂れないため、間食が増える場合もあります。その結果、著しい細菌の繁殖によって虫歯になりやすいと言われています。(助産師)』

正しいブラッシング法を身につける

歯は自分で思っている程きれいに磨けていないこともあるため、一度歯科医院でケアをしてもらい、正しい歯の磨き方を教えてもらうことが勧められています。自宅では、歯の表面だけでなく歯間ブラシ等を使って、きちんと歯の隙間の歯垢を落とすことが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >