2017/09/25 11:00

妊娠に気づかずカフェインや痛み止めを摂取…赤ちゃんへの影響は?

カフェインの摂取や服用は、妊娠中には控えた方が良いこともあります。今回は20代の女性からの相談ですが、妊娠に気づかず、カフェインを摂ったり痛み止めを飲んでしまったようですが、赤ちゃんへの影響はないのでしょうか。専門家に聞いてみました。

妊娠初期の対処についての相談:「妊娠初期の行動は赤ちゃんに影響する?」『1人目の子どもの時はバリバリ仕事をしていて、妊娠超初期症状とは知らず、眠気を覚ますためにカフェインを多く摂取したり、腰痛や腹痛がある時には、整体に行って施術してもらい、それでも痛みが取れない時には、痛み止めを何度も飲んでいました。その後、妊娠が分かり、本を読むとそのような行動は控えた方が良いと書いてありました。子どもに何か影響がないか、とても不安なのですが、気にしすぎない方が良いのでしょうか?それとも妊娠を考えているなら、妊娠したと確認するまで注意した方が良いのでしょうか?(20代・女性)』

カフェインってどんな作用があるの?

ちょっと一息つきたいときに飲みたくなるコーヒーや紅茶には、カフェインが含まれています。カフェインを摂取することで、体にどのような影響があるのでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >