2017/08/26 09:30

女性の5人に1人がおっぱいの睡眠不足?睡眠と下着に関する調査

バストが原因で睡眠できていないと感じている

株式会社ワコールは、20代~50代の女性2万人を対象とした事前調査と、800人を対象とした本調査により、「睡眠と下着に関する調査」を行っています。調査結果としては、女性の5人に1人が睡眠時に寝返りや仰向けなどの動きによって、バストが動いてしまい、睡眠できていないと感じていることがわかっています。

睡眠の質にも満足できていない

「就寝時に自分のバストが邪魔だと感じることがあるか」という質問に対しては、全体の5人に1人が「邪魔だと感じたことがある」(22%)と回答しています。また、「就寝時にバストが寝返りと共に動いたり、仰向けに寝ると左右に広がったりして、眠っていてもバストは睡眠(休息)できていない」という質問に対しては、「バストは睡眠できていないと思う」(20.5%)と答えています。

さらには、「全体的な睡眠の質に満足しているか」という質問に対しては、過半数が満足していないと回答しています。

女性の約8割は眠りに入るための習慣を実践

女性の約8割は、「入眠儀式をしている」(78.8%)ことがわかっています。寝る前の習慣で多いのは、トイレに行く(60.8%)、歯を磨く(55.8%)、パジャマなどの寝間着に着替える(49.2%)の順になっています。

参考サイト

株式会社ワコール ニュースリリース

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >