2017/10/25 11:00

軟骨無形成症の3歳児、言葉が遅いのは滲出性中耳炎が原因?

子どもの言葉が遅いのは何が原因なのでしょうか。今回は3歳の男の子についての質問です。軟骨無形成症がある男の子ですが、未だに発音が不明瞭だといいます。滲出性中耳炎疑うママですが、耳鼻科ではその兆候は見られないと言われました。専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

3歳児のママからの相談:「滲出性中耳炎と言葉の関係について」『軟骨無形成症の病気がある3歳2カ月の息子ですが、生後7カ月の時にひどい中耳炎を起こし、それ以降、そこまでひどくはないものの、時々、中耳炎になります。コミュニケーションやボキャブラリー等の心配はありませんが、発音が未だ明瞭でないのが気になります。軟骨無形成症という病気の特徴から滲出性中耳炎も疑いましたが、耳鼻科では鼓膜は綺麗だと言われました。症状が安定している時期もありますが、あまり改善されず、耳鼻科を変えた方が良いのか検討しています。滲出性中耳炎は見つけにくいものなのでしょうか。また発音に関係してくるものでしょうか。(30代・女性)』

言葉に影響するものの、滲出性中耳炎の見落としは考えにくい

滲出性中耳炎になると難聴が起こるため、言葉の発達に影響することはあるようですが、耳鼻科で見落とされることは考えにくいとの声が寄せられました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >