2017/10/25 11:00

軟骨無形成症の3歳児、言葉が遅いのは滲出性中耳炎が原因?

『滲出性中耳炎は、急性中耳炎の後、中耳粘膜や耳管に炎症が残り、鼓室(中耳腔)に液体が溜まる中耳炎です。耳の奥に液体が溜まっているため、軽度ですが難聴が起こります。聞こえにくいので正確な発音を聞き取れず、上手く発音出来ないと思います。大きな声で話す・呼んでも振り向かないことがある・テレビの音を大きくする等の行動があれば、難聴が考えられます。(看護師)』

『軟骨無形成症が耳の軟骨の成長にも影響し、滲出性中耳炎を起こしやすいこともあるでしょうが、滲出性中耳炎を起こしやすい子どもには、風邪を引きやすい・蓄膿症やアレルギー性鼻炎でよく鼻水が出る・扁桃腺肥大・中耳炎を繰り返す等の特徴があります。子どもは中耳炎になりやすく、滲出性中耳炎も起こしやすく、特に見つけにくい疾患というわけではありません。(看護師)』

『滲出性中耳炎は発音に影響を及ぼす病気といわれますが、耳鼻科の先生に指摘されていないのであれば、滲出性中耳炎による発音への影響は考えにくいでしょう。耳鼻科の先生であれば、まず滲出性中耳炎を見落とすこともないと考えられます。(小児科専門医)』

3歳は発音に個人差ある時期。経過を見つつ他の原因も考慮を

3歳は発音の発達に個人差があるとの意見もありました。様子を見つつ観察するのが良いようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >