2017/09/27 11:00

ロヒンギャ難民の子ども計15万人に予防接種を実施

ユニセフとWHOが協力

バングラデシュとミャンマーの国境近くに点在する68カ所の難民居住区で15歳未満のロヒンギャ難民の子ども計15万人を対象に、はしか、風疹、ポリオの予防接種キャンペーンが始まりました。

バングラデシュの保健省が主導となり、7日間にわたって今回のキャンペーンが実施されます。今回のキャンペーンはユニセフ(国連児童基金)および世界保健機関(WHO)の協力を得て実施しています。

難民の約60%は子どもたち

ユニセフはワクチンや注射器、ビタミンAカプセルを提供、WHOは予防接種キャンペーンの策定、すべての子どもが確実に受けれるように実施の管理・モニターを行うなどの協力をしています。

8月25日以来、41万人を超えるロヒンギャの人々がバングラデシュに避難し、その数は数千人単位で増加しており、予備データによると難民の約60%は子どもたちです。

ユニセフとWHOは支援を実施

ロヒンギャ難民の数が増加し続ける中、ユニセフとWHOは保健・栄養の分野で規模を拡大して以下の支援を実施しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >