2017/10/06 14:07

「絵本」で想像力を育むポイント

チャイルド・ファミリーコンサルタント(CFC)の浅古尚子(あさこなおこ)です。夫と4歳の娘の3人家族、ワーキングマザーです。

みなさんは、日々の生活の中に絵本を取り入れていますか?
親子のコミュニケーションという意味でも、子どもの想像力を育てるという意味でも、CFCでは「絵本の読み聞かせ」をオススメしています。前回は、絵本を読む環境づくりと、選び方のポイントをお伝えしました。
今回は、絵本を使って子どもの想像力を育むポイントについてお伝えします。
※詳しくは、CFC代表の山本直美先生の著書「子どものココロとアタマを育む、毎日7分、絵本レッスン(日東書院)」をご覧ください。

「絵本の読み聞かせ」何がポイント?環境づくりと選び方絵本の世界を日常に結びつけよう

ひょっとして、子どもに絵本を読み聞かせるだけで終わってしまっていませんか?もちろん、絵本を読む習慣があることだけでも素晴らしいのですが、ぜひ、絵本の世界を日常生活に結びつけてみましょう。

子どもは、「絵」を手がかりにして、「言葉」のイメージを掴んでいきます。逆にいうと、「言葉」が何を意味しているのか、それがどういうことなのかは「絵」がないと掴みづらいのです。「言葉」以上にイメージを膨らませていくためには、日常生活の中で、絵本の世界観を活用することがポイントになります。

例えば、絵本の中に「みかん」が出て来たら、子どもと一緒にスーパーにみかんを買いに行くのも良いでしょう。また、みかんを絞ってジュースを作って味わってみるのも良いでしょう。そうすることで、味や香り、質感を実感することができます。

「これは、甘酸っぱいね」「みかんは、冬の果物だね」「みかんは、お父さんが大好きだね」「チンパンジーも好きかもしれないね」など、さらにその周辺のイメージを膨らませていきます。みかん狩りに行けば、どのように育つのかもわかりますね。こうした実生活の経験を通じて、子どもに「みかん」のイメージがさらに具体化して心に刻まれていくことになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >