2018/06/17 11:00

梅干しよりも抗菌効果持つ食材とは?お弁当でできる食中毒防止

ここ数年アニサキス騒動で一躍クローズアップされてきた「食中毒」だが、湿度と気温が上がるこれからの季節は特に注意が必要。そこで、日本獣医生命科学大学客員教授で、食品衛生コンサルタントとしても活動する池亀公和さんに、食中毒を撃退するための「新常識」を教えてもらった。

■抗菌には梅干しよりもわさびが効果的

お弁当の大敵・黄色ブドウ球菌の増殖を抑えるには、梅干しのクエン酸が効くといわれているが、じつはわさびのほうが効果的な場合もある。

「梅干しの効果が届く範囲は、エキスが染みこんだ部分だけ。抗菌効果のあるわさびの辛味成分は揮発性なので、密閉しておけばより広い範囲をカバーできると考えられます」(池亀さん・以下同)

■サラダは根菜ではなく葉物野菜を選んで

レタスやキャベツなどの葉物野菜と違い、にんじんやじゃがいもなど土の中で育つ根菜類には、細菌がついている可能性が高い。

「土の中には、O-157、ウェルシュ菌など細菌がうじゃうじゃ潜んでいます。根菜類を洗っても、細菌自体を完全に洗い流すことは難しいので、丁寧に土を洗うか、加熱調理がおすすめです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >