2019/01/22 17:00

お見合いで嫉妬誘導?辻仁成の“結婚相談所”(JINSEIのスパイス!第14回)

【今週の悩めるマダム】

東京でバリバリ働く26歳の娘には、3年も付き合っている彼氏がいるのに結婚が見えません。彼は物腰も柔らかくいい子なんですが、押しが弱くて心配です。そうこうしているうちに姪の結婚が不意に決まって、お正月には親戚中の話題を独占。それが悔しくて悔しくて。娘の人生ですが、孫の顔が見たいのが本音です。(愛知県在住・50代主婦)

自分の娘の方がかわいいし、器量もいい。なのに、周囲の娘がどんどん結婚していき、姑さんあたりからも、「どうなってるの。お前がしっかりしないから」と小言を言われる。歯がゆくてしょうがないですね。娘のハンサムな旦那さんを親戚中に自慢したいのにできないその悔しさ、私にはよくわかります。

さて、その娘さんですが、しばらく結婚はしそうもないですね。理由がいくつかあります。いまどきの男の子って、焦ってないんですよ。彼はお宅に何度か遊びに来てるんですよね? そこに期待してはいけません。お母さんからすると家族ぐるみの仲、と思っていても、向こうは偵察くらいに考えています。というのか「長い人生だから急ぐことはない。答えは風が知っているさ」みたいな感じでしょうね(笑)。その証拠に、娘さんはバリバリ働いている。この娘さん自体、結婚というものをまだ理想の中でしか見ていない。実はこの2人、お互いどこかで「この人じゃないのかもしれない」という迷いがあるのかもしれません。よく観察してみてください。2人は仲良しでしょうけど、夫婦になりそうな強いイメージありますか? 結婚というのは「運命的な勢い」ですからね。当事者がのらりくらりやっているならゴールインは難しいでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >