2019/02/06 16:00

目をリラックスさせる新習慣、大きい歩幅で歩くと疲れ目解消に

多くの読者世代が悩まされている、目にまつわる老化現象。年を重ねると体のあちこちに不調が出てくるように、目も衰える。老眼は40代以降から始まるといわれているが、老眼が早く進行する人もいれば、特に不調の出ない人もいる。

「その差は、遺伝的なもののほかに、生活習慣によるところが大きいですね」

そう指摘するのは、あまきクリニックの味木幸院長。姿勢が悪く、目のまわりの血流が滞ると目の不調が生じやすくなる。一方、疲れ目を解消する食材をバランスよくとるなど、良い習慣を続けていると、目も若々しさを保てるそう。

そこで「目のアンチエイジング」簡単メソッドを紹介。目の老化を防ぐためには、負担をかけすぎないこと、栄養を目にきちんと送ること、凝り固まらないようにすることが肝心。

■正しい姿勢&大きい歩幅で歩く

「目の血流や神経の流れが悪いと目の不調につながります。ふだんから、『頭を上からつられている』『足の親指の付け根に重心を置く』イメージで歩くようにしましょう。正しい姿勢をキープすると全身の血行を促すと同時に、疲れ目の解消にもつながります」(味木先生・以下同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >