2019/02/26 17:00

反抗期は成長の証し「放置がいちばん!」(JINSEIのスパイス!第19回)

【今週の悩めるマダム】

高校生の息子に「クソババァ!」と怒鳴られてショックを受けています。中学生のときは優しい子だったのに、高校生になってから突然口を利いてくれなくなり、ちょっと成績のことで説教をしたら「うざい、クソババァ!」です。主人にはこれまでどおり普通に接しているので「なぜ私にだけ?」と悩む毎日です。(福岡県在住・40代主婦)

そりゃ、ショックですね。でも、残念ながら息子さんの反抗はしばらく続くでしょう。僕の場合は、大人になっても続きましたから。しばらくどころか、40歳くらいまで……(笑)。母親に「クソババァ」と言ったことはないんですが、かわりにとってもお世話になった東京の叔母に言ったことがあります。その時、横にいた叔母のパートナーに「ああ、言っちゃった!」と指摘されましてね。それが長い間後悔として僕を苦しめることになりました。大好きだった叔母にしか、甘えられなかったのです。

多分、息子さんも思わず飛び出した言葉に驚いていると思いますよ。それでも反抗は続きます。反抗というか、独立へ向けた「拒絶」なのかな。その年ごろの男子は巣立つ時期ですから、社会に出るまで、出てもしばらくは母親への拒絶が続くでしょう。これはもう通過儀礼なんです。理屈で考えるのは、やめたほうがいい。母親が憎いわけじゃありません。そこにしか自分をぶつけられないということもあるんです。甘えというよりも、少年から青年に変化する時期は心と体のバランスが崩れます。独立志向が強くなって家から出なきゃという気持ちと、このまま母親に甘えていてはだめだという感情の双方から彼は追い込まれているわけです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >