2018/04/18 11:00

“見える化”で無駄買いを無くす!クローゼット正しい収納術

 
片付けても片付けてもすぐに散らかってしまう。そんなご家庭でも、「決まりごと」を守りさえすればもう、そんな徒労感を味わわなくて済みますよ!
 
「 片付け は、年末にするものだと思っていませんか? 年末は忙しいし、春に新しい生活が始まる可能性があるので、思い切った片付けに踏み切れません。衣替えや、子どもの進学・就職、夫の転勤などでライフスタイルが変わる春が一年のうちで、いちばん片付けに最適な季節なんです」
 
そう話すのは、これまで1,500件以上の散らかった家を片付けて、スッキリさせてきた整理収納アドバイザーの中山真由美さん。
 
「『片付け=捨てる』と思っている方は多いですが、それだけではありません。片付けとは、増えすぎたものの中から、現在の自分や家族に必要なものや、大切なものを 選ぶ 行為。それを、使い勝手よく収めるのが 収納 です。ですから、不用なものを手放してスペースができれば、必要なものを生かしやすくなるんです」(中山さん・以下同)
 
とはいえ、「せっかく片付けたのに1週間もしないうちに、また散らかった  」という苦いリバウンド経験をお持ちの方も多いはず。そこで、「リバウンドしないクローゼットの片付け術」の原則を、中山さんに伝授してもらった。
 
「収納スペースにものがギュウギュウ詰めになっていると、何が入っているか把握できず、『いま必要なもの』を取り出すこともできません。ですから、『今日はタンスのいちばん上の引出しだけ整理する』と、場所を限定し、中に入っているものをすべて床に出して並べることで、中身を見える化します」
 
次に、『ほぼ毎日〜数週間に一度は使っているもの(1軍)』『数カ月〜ワンシーズンに一度は使っているもの(2軍)』『1年以上使っていないもの(3軍)』に分ける。
 
「3軍は即ゴミ袋へ。『いつか使うかも』と、捨てるのをためらう気持ちはわかりますが、1年以上使っていないものは、私の経験上、これから先も出番はありません」
 
そして、1軍、2軍のオフシーズンの洋服は、クローゼットの端に。いま、よく着るものを中央にかける。コート、スカート、パンツなど種類ごとに分けてかけると、下の空きスペースがそろって、収納ケースを置きやすい。洋服がかかっていないハンガーは、ボックスなどにしまっておくと収納にゆとりが生まれる。
 
クローゼットの上段は、冠婚葬祭や季節物などを保管。整理ダンスにしまうシャツやセーターは、ブックエンドを使い、立てて収納すると、埋もれずに出し入れしやすい。普段使いのアクセサリーは、100均でも購入できるボードにつるすと便利。高級な宝石は、別の場所にしまうのがベスト。
 
「せっかく片付けても、またものを買うと、リバウンドの原因に。つねに収納スペースの7割に収まるよう ゆる収納 を心がけて」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >