2018/04/21 16:00

八代亜紀も海外で高評価…“趣味”で広がる50歳からの人生

 
かつては「時間つぶし」や「手なぐさみ」的なイメージの強かった主婦の 趣味 が変わり始めているという。
 
実際、子育てが一段落した50代以降の主婦が、手芸や読書といった趣味にのめり込むケースはこれまでも少なくなかったが、その多くは「作って終わり」「読んで終わり」になりがちな 自己完結型 だった。
 
しかし、そんなOVER50の主婦の趣味にも、時代の波による変化が起きているという。
 
「昔と比べると、趣味は世代間交流のツールとして機能しています。習い事やお稽古の種類も多様化していますし、『コミュニケーション』を重視している方が多いですね」
 
そう語るのは、趣味と資格のスクール情報を30年近く発信しつづけている『ケイコとマナブ』の正田彩佳さん。
 
女性の平均寿命が87歳を超えたいま、50歳はまだまだ人生の折返し点をちょっと過ぎたあたりだ。
 
インターネットが普及したこともあり、趣味で世界が広がったという人だけでなく、中には、新たな仕事を生み出した人も!
 
「自分で時間とお金をつぎ込んで幸せを感じるものが 趣味 だとするなら、自分の技術をお金がもらえるレベルにまで高めたものが 特技 だといえます。趣味は時間と経験が豊富なほど上達しますので、そうした 特技 につながりやすい。同じ20代で手芸を始めた人であれば、30代より50代のほうが、特技になりやすいといえるでしょう」(正田さん)
 
最近ではハンドメード作品を販売するアプリが人気を集めたり、特技と仕事をマッチングするサイトができたりと、一般の主婦が特技をお金に変える環境も増えつつある。
 
また、趣味とは異なるかもしれないが、主婦ならではの、家事や育児などのスキルが仕事に結びつく可能性があることも、現代ならではといえるだろう。
 
趣味が仕事につながっているのは、芸能界でも同じこと。ベテラン芸能リポーターの城下尊之さんに、OVER50の女性有名人たちの趣味事情について聞いた。
 
「その世代の芸能人の趣味といえば、まずはキャシー中島さん(66)のハワイアンキルトが代表格。もはやその道の第一人者で、各地にお店や教室を構えるなど、こちらが本職になる勢いです(笑)。また、八代亜紀さん(67)の絵画の腕前も有名ですね。フランスのル・サロン展で5年連続入選、永久会員になるほどです。五月みどりさん(78)も二科展で2年連続入賞しているほか、近年では特技(?)の腹話術が若者からも大評判となっていますよ」(城下さん・以下同)
 
そのほか、男性顔負けの趣味で脚光を浴びる人も!
 
「かつてはお嫁さんにしたい女性の代名詞だった女優の市毛良枝さん(67)は、いまや芸能界イチの登山家。スポーツ雑誌で特集されるほどの、本気のアウトドア派です。同じく女優の田中美佐子さん(58)は、最近では豪快にメバチマグロを釣り上げる姿が話題。オールドファンはビックリしつつも、往時を知らない若い層からは『男前!』と新たな人気を得ています。みなさん、もともとは自分のために始めた趣味だと思いますが、それが新たな魅力となり、結果的に仕事にもつながっているのでしょうね」
 
有名無名問わず、人生の後半戦に新しい「自分」をもたらしてくれる――。それこそが「趣味」の最大の醍醐味なのだ!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >