2018/05/03 11:00

年収600万会社員は月4万円超減!年金受給年齢引き上げのシナリオ

 
「今回の財政制度分科会で議論された『年金支給65歳 68歳引き上げ』案は、 日本の年金財政はカツカツだ ということを、言い表しているようなものなんです」
 
そう話すのは、国の財政事情に詳しい経済評論家の加谷珪一さん。
 
4月11日、財務省の「財政制度等審議会財政制度分科会」で議論されたのは、「厚生年金支給開始年齢を、現行の『65歳』から『68歳』へと引き上げる」という案だった。
 
しかし19日、この案を財務省とともに練っている厚生労働省は「68歳への引き上げを見送る」という見解を発表したと報道されたが  。
 
「あくまで厚生労働省の独自見解。年金財政が逼迫しているという事実は変わりありません。もとより財務省が先導する事案ですので、引き上げの方針を打ち出した財務省の方針にも注目しなければなりません」(加谷さん・以下同)
 
このタイミングで 厚生年金の受給年齢引き上げ が議論されているのはどうしてなのだろうか。
 
「度重なる問題で窮地に立たされている安倍政権は、3期目に突入した場合、約束していた『'19年10月の消費増税10%』を凍結させる可能性があります。そのうえ首相は、自身の政治課題としていた『'20年度の国の税制健全化』という目標を事実上、取り下げてしまいました。財務省としては、それによる財政の悪化を恐れて、いま出してきたんでしょう」
 
もし、支給開始がほんとうに引き上げられたら  。加谷さんが、厚生年金だけでなく、国民年金や共済年金の受給年齢も引き上げられてしまった場合の 最悪のシナリオ をシミュレーションしてくれた。
 
「夫が平均年収600万円のサラリーマンで、妻が専業主婦の場合、65歳から支給される老齢基礎年金(国民年金)は夫が月額6.4万円で、妻が5万円となります。これに会社の厚生年金の月額12万円が加わるので、現行の制度では夫婦の合計が月額23.4万円、年収280万円となります。ところが平均寿命の84歳まで、65歳から19年生きると仮定した場合、年金が減額されると、夫婦で月額7,000円ほど引き下げられる見込みです。さらに、現行より3年分受給できない 空白の3年間 がありますから、含めれば、月額4万4,000円もの減額となるんです」
 
もちろん、人は自分がいつ死ぬかわからないのだから、目安として「平均寿命84歳」としているが、そこまで生きたとしても、なんと月額4万円超もの減額とは、とても大きな 損失 だ。
 
「夫が公務員で妻が専業主婦の場合、年金が減額されると、夫婦で月額7,600円ほど引き下げられる見込みで、 空白の3年間 を含めれば、およそ月額4万7,600円もの減額となってしまいます。夫が自営業者で、妻が専業主婦の場合は夫婦で月額3,700円ほどの引き下げ。 空白の3年間 の分を含めれば、月額2万3,700円もの減額となってしまうんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >