2017/09/03 20:30

なぜ家計簿をつけると貯まらないのか?「〇〇だけ」で貯まる家計管理、教えます

 現状を把握して、ムダな出費をあぶり出す──。家計管理の王道ともいえる家計簿。でも実は“毎日記録する”という労力のわりに成果が出ていない人が多いとか。

「家計簿をつける本来の意義は、記録を見て家計を分析し、改善して貯蓄につなげること。それなのに、多くの人は家計簿をつけることにエネルギーを注ぎます」

 と話すのは、FPの風呂内亜矢さん。

「まじめな人ほど、細かく費目分けして、数十円の狂いもないようにきっちり計算しがち。その作業が大変すぎて挫折するケースがほとんどです。家計簿をつけることだけに満足して、その先の支出の分析をしないため節約につながらない人も多い。いずれにしろ、“貯まる”というゴールにたどりつけないのです。その結果“私はこんなに頑張ったのに貯められない”と思ってしまうのも家計簿の落とし穴

 家計簿をつけたからといってお金が貯まるわけではありません。貯蓄が増えるまでのステップは以下の通り。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >