2017/10/02 11:00

薬局の領収書をじっくり見たことありますか? 知らないとソンする医療費の仕組み

 薬局で受け取る領収書、じっくり見たことがありますか? 実は、「どの薬局」で「いつ」買うのかで点数=料金に大きな差が生まれているんです! さらに入院した「日にち」が違うだけで、負担額が倍増してしまうことも。今日からトクする医療費の知恵、大公開です。

医療費のムダ払いをなくす

 あまり節約を意識しない医療費。でも少しの心がけで支払い額をグンと抑えられる。

 そもそも病院などで受け取る領収書をちゃんと見ていない人が多いのでは?

「領収書には初診料、検査などの各項目に点数が記載されています。1点は10円で換算。例えば総点数が270点なら2700円。一般的には医療費は3割負担なので、これに0.3掛けて810円。これが支払う金額になります」

 と話すのは、テレビでおなじみのファイナンシャルプランナー・風呂内亜矢さん。

「まず意外に多いのが、診療時間外や休日に受診して加算されるケース。初診の場合、平日の時間外に診察を受けたら850円、日曜・祝日なら2500円が初診料に加算されます。一般的にはこの3割を自己負担することに。早朝や夜間診療を行う診療所でも、8時前や18時以降は加算されます。急病やその時間帯でなければ病院に行けないという場合以外は、平日18時以降や日曜の受診を避けることで節約できます」(風呂内さん、以下同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >