2017/10/26 09:00

ネット通販拡大の中、昔ながらのカタログ通販が絶好調の不思議

主要カタログの発行総数は約3600万部
主要カタログの発行総数は約3600万部

 インターネットを使った通信販売が拡大するなか、昔ながらのカタログによる通販で売り上げを伸ばしている『ベルーナ』。総合通販では“ひとり勝ち”といわれる、その要因とヒット商品について取材しました。

  ◇   ◇   ◇  

カタログは商品力のキモ、年間の紙使用量9万トン!

 ミセス向け衣料品の通信販売のためのカタログ誌『ベルーナ』創刊から30年以上。同誌を発行するベルーナでは現在、『リュリュ』(20代~30代)、『ラナン』(30代~40代)、『ベルーナ』(40代~60代)、『ルフラン』(60代以上)と、世代別のファッションカタログ誌を、年4回以上発行。無料で配布している。

メインの『ベルーナ』は、1回で400万部を発刊しています。カタログだけでなく冊子、折り込みを含むと、1シーズンで50以上の発行物があります。年4回とすると、発行物は年間200を超えます。紙の使用量は年間9万トン。10トントラックだと毎日20台を満載にする計算になります」(安野雄一朗・ベルーナ専務取締役)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >