2017/12/31 13:00

「クイズ番組」は不滅のコンテンツ!ヒストリビアでみる歴史を総まとめ

いつの時代も大人気の「クイズ番組」 イラスト/イケウチリリー
いつの時代も大人気の「クイズ番組」 イラスト/イケウチリリー

 正統派からバラエティー色の強いものまで、その数、毎週10本以上!「気づけばクイズ番組を見ちゃってるのよね~」って人も多いのでは? ではなぜ再びクイズ番組が脚光を浴び始めたのか。その歴史や背景を紐解くと、時代の移り変わりとともに、ある“ウラ事情”が見えてきたのです!

~1970年代「クイズ番組」の歴史とは?

 クイズ番組の歴史は日本でテレビ放送が開始された草創期、1953年に遡る。日本初のクイズ番組の1つがNHK『私の仕事はなんでしょう』。また同年、問題を言葉ではなく身体の動きで表現するNHK『ジェスチャー』が始まると視聴者の人気を集め、15年間続く長寿番組となった。

 テレビウォッチャーでコラムニストの木村隆志さんは「当時のクイズは物事やヒントから連想するというような、家庭や学校でもすぐにできるようなシンプルな内容でした」と語る。

 ’61年にはテレビ普及率が50%を超え、お茶の間にテレビがあることが当たり前になり、視聴者参加型で30分番組が主流に。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >