2018/01/01 14:00

「孫に読ませたい」と話題の “認知症の祖母” を描いた絵本に、著者が込めた思い

写真はイメージです
写真はイメージです

 いま、小学生の孫から見て、認知症の祖母を描いた絵本『ばあばは、だいじょうぶ』が話題となっている。作者の楠章子さんが物語に込めた思いを聞いた。

孫が自分の心で感じ優しくなれる物語

 2016年12月に刊行された小学校低学年向けの絵本『ばあばは、だいじょうぶ』が、10万部を超えるベストセラーとなっている。

 主人公は小学生のつばさ。逆上がりができなかったときも、ママに叱られたときも、やさしく、

「大丈夫だよ」

 と言ってくれるばあばが大好きだ。

 ところが、ばあばは犬に何度もエサをやったり、枯れ葉でお茶をいれたりするようになり、つばさは、ばあばを避けるように。ある冬の日、ばあばが突然いなくなってしまい、つばさの心に変化が起きる──。

 小学生のときに祖母が、25歳のときに母・多香子さんが共に若年性認知症にかかった経験をもつ楠さんは、実体験をもとにこの物語を綴った。

「祖母とは夏休みなどに会う程度でしたが、私のためにいろいろなことをしてくれる存在だったのに、何度も同じことを聞いてくるように。戸惑って距離を置いたまま、祖母は亡くなりました。母が発症すると、できないことが増えていくのを見るのがつらくて。私は隣の家に住んでいたのに父に任せきりにして、顔も見に行かなくなったんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >