2018/05/20 16:00

「ドラマ離れ」を救えるか? 裏設定にドキドキの動画配信サービスが進化中

※写真はイメージです
※写真はイメージです

 昨今、ささやかれている“ドラマ離れ”を食い止める施策として、テレビ局が動画配信サービスと手を組むことも。ドラマ本編では見られない“オリジナルドラマ”コンテンツの制作・配信を行うという新戦略を打ち出している。

スピンオフやオリジナル作品が好調

 日本テレビ傘下の会社であり、同局のドラマとコラボしてきた『Hulu』のコンテンツ制作部部長・毛利忍氏によると、

「オリジナル作品を作ることになってまだ3年ほどの歴史しかないので、どういった作品がお客さまのニーズに合致しているかということを毎回試行錯誤しています。

 昨年放送された『東京タラレバ娘』では、シチュエーションは同じなのですが、主演が本編の3人(吉高由里子、榮倉奈々、大島優子)とは全く違うキャスト(佐藤仁美、小沢真珠、小林きな子)で放送した『東京ダラダラ娘』を配信しましたね

 テレビドラマの放送と連動してスピンオフやオリジナルのドラマを作ることで、物語の世界観をさらに深く楽しむことができる仕組みだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >