楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/04 16:30

元夫も子どもも発達障害、ゴキブリ部屋から脱出した「ADHDのハウスキーパー」

※画像はイメージです
※画像はイメージです
 現在100人に3~7人は発達障害の一種であるADHD(注意欠如・多動性障害)だと言われている。診断を受けていない、受けても確定診断がおりなかった「うやむや」な層をふくめると世の中にはかなり多くのADHD傾向の人が存在することになる。東京都の主婦でこのほど、『「ADHD」の整理収納アドバイザーが自分の体験をふまえて教える!「片づけられない……」をあきらめない!』(主婦と生活社)を出版した、西原三葉さんもそのひとりだ。

「カサンドラ症候群」に苦しむ

「学生のころから、忘れ物やケアレスミスが多かったのですが、社会人になると、計算が合わなかったり、人の名前が覚えられないなどミスを連発。自分を責めるあまり、うつになり入社1年で退職し、そのころ付き合っていた彼と結婚。彼は定職につかないアルバイトだったのですが、結婚に逃げ込みたい一心で迷いはなかったのです」(以下、カッコは西原さん)

 その結婚相手はASD(自閉症スペクトラム)で、独特のこだわりがある人だった。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >