楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/27 08:00

原因不明の体調不良で死にかけた人も、「一度の診断で安心しないように」と医師

※写真はイメージです
※写真はイメージです

 疲れや不調って、 「しかたない」 「こんなもんさ」と やりすごしがち。 でも、原因や治す方法 ちゃんとあったら……、 それ、知りたくありません?

「疲れ」「だるい」は主観でしかない

「疲れが取れない」「なんだか身体がだるい、重い」というのは、あくまでも主観、つまり自分の感じ方。血液や尿を検査しても数値には出ないし、症状が見えないからMRIやCTの検査もできない。つまり、証拠がないのだ。ここにやっかいさが潜んでいる、と東京女子医科大学病院総合診療科の部長代行・島本健臨床教授は言う。

「昔から、『疲れる』『だるい、重い』という主訴は医師にとって、とても難しい。データにも出ないし、はっきりした定義もない。判断が難しいのです」

 身体症状があればまだ手がかりになるが、メンタルの病気の場合はそれすらない場合も。だからこそ、原因を探っていくには、ある程度の時間とプロセスが必要となる。

 六番町メンタルクリニック院長・海老澤尚先生も、

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >