2019/02/02 09:00

石油産業の近代史 中東の産油国はなぜ欧米資本の独占から逃れられた?

 * * *

現在は“この世の春”を謳歌する中東の産油国ですが、原油の枯渇の可能性、クリーンエネルギーへの転換など、課題は山積しています。ただ、石油資源をほぼ100%輸入に頼っている日本にとっては、仲良くしなければいけない相手。これからも中東情勢からは目が離せない状況は続くでしょう。

同書ではこの他、民族、気候、交通、文字、貿易、宗教、帝国、通信、武器、法律、資源、農業、工業、科学など、様々な角度から世界の繋がりを図解でわかりやすく解説しています。『図解でわかる 14歳から知る影響と連鎖の全世界史』(太田出版/インフォビジュアル研究所、大角修・著)は2019年1月17日発売。価格は1200円+税。

【関連リンク】
図解でわかる 14歳から知る影響と連鎖の全世界史-太田出版

【関連記事】
渡部陽一が実践 日本語が通じない国で円滑にコミュニケーションする方法
丸屋九兵衛が語る「意外と知らないイスラムの世界」
九州生まれの調味料「ゆず胡椒」にイスラム世界進出の可能性
イスラーム側から見る歴史と未来予測 中田考による連載サイトが開設

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >