2018/06/15 12:30

閑静な住宅街にぽっかりと口を開くピンク色の世界 『あさくら画廊』が存在する意味とは


ツ:日本人は元来、このやり方が得意だったんです。
し:元々、美大に落ちて受験用の絵が自分には描けないことがわかってこうなったんで。だから他から持ってきてるんですかね。
ツ:このやり方は「ブリコラージュ」って言って、人類学者のレヴィ=ストロースも「日本人は、ブリコラージュを駆使する素晴らしい民だ」と言っています。現代、アーティストというとなにかをゼロから創造するという自意識が強いですが、こんなに美しくブリコラージュしている作品はとても魅力的ですね。
し:作品のタイトルも、自分で考えるんじゃなくて歌の歌詞や、本の目次から好きな言葉を拾ってつけてます。
ツ:作品の作り方と同じ方法なんですんね。
し:そうなんですよ。


し:コラージュはハマってましたからね。雑誌の誌面にバナナとかゴリラとかくっつけて、その上にキラキラを垂らしてみたり。そういうのはすげーいっぱいやってました。
ツ:ピンク色に目覚めたのはいつですか?
し:それも美大に落ちた時ですね。ほかの人みたいにうまく描けないということがわかって。
ツ:成功者の人生もいいけど、人生なんて、失敗して迷子になった道で偶然拾ったもので、出来上がっていくことがほとんどですよね。だからしゅうへいさんの、作品は優しいんだと思います。
し:(照笑)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >