楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2018/07/26 15:12

LGBT批判の自民党・杉田水脈議員の人権意識ゼロの記事を改めて分析してみた

 冒頭、一年間で「朝日新聞が260件、読売新聞が159件、毎日新聞が300件、産経新聞が73件ありました」との事。朝日新聞がこれほど扱っているのでLGBTを支援しているという強引な持っていき方。
 性同一障害などがさほど話題になっていなかった頃なら、そうかも知れませんが、現在では社会的な関心が高く、それほど特筆すべきではないでしょう。

 そこからは支離滅裂になっていきます。

「そもそも日本には、同性愛の人たちに対して『非国民だ!』という風潮はありません」
 →「非国民だ!」という戦時中みたいな非難の仕方を聞いた事がないです。彼女が仮定した非難者は「日本人じゃない」と言っている訳ですが、「同性愛の人は日本人じゃない」論、意味不明です。

 「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるでしょうか」
 →LGBTのカップルの人たちは、むしろ税金を払っているのでは? 

 それから「彼ら、彼女らは子供を作らない。つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」に続きます。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >