2018/10/17 15:00

スーパーボランティア・尾畠さんの本をこのまま出版してはいけない|久田将義


 スーパーボランティアの尾畠春夫さんの単行本が刷り上がっているにもかかわらず、発売延期という羽目になりました。これで発売されなかったら、出版社側は印刷代、ライター代、デザイナー代、カメラマン代、全て回収できず赤字を負う事になります。

 なぜ、このような「事故」が起きてしまったのでしょう。出版社側の主張と尾畠さんの主張は真っ向から異なります。

 僕は雑誌編集者として、表四(裏表紙と思ってください)に「編集人」(編集長とは少し違います)と名前が記された雑誌を百冊以上制作してきました。単行本は四冊ほど書下ろしています。その経験から分析します。

 単行本の場合、ライター(書き手)対編集者との二人で企画が始まります。これが第一段階。その後、編集者が企画書を出し、会社内でGOサインが出ます。

 ここからライターは本格的に書き始めます。これは尾畠さんのような書下ろしのケースです。連載をまとめたものは、また違います。その後、ライターが原稿をなかなか書かないというケースも多数見られます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >