2019/01/16 10:30

アイドル運営が参考にできる点はあるのか 風俗店が嬢を守るために作った「Japanese only」という禁忌


 1月14日、日ロ外相会談後のロシア・ラズロフ外相発言が波紋を呼んでいる。内容を要約すれば、北方領土はロシア領だと認めること、また「北方領土」という日本の法的位置づけも認められない、という2点だ。日本としては、到底受け入れられない話だが、SNSでは案の定、"愛国者"と見られる人々によるロシアに対する(差別用語などを含め)罵倒が飛び交っている。

 ラズロフ発言がロシアの本音なのか、デイールとしての材料なのかは専門家ではない筆者にはわからないが、面白いのは「ロシアとの交渉は万事順調」と装ってきた安倍内閣には一切非難が向かず、ナショナリズム的な言辞をただひたすら他国に向けていることだ。どうやら、自国の権力を無条件に礼賛するのが最近の"愛国者"のトレンドにも思えるが、本来の意義を考えれば少なくとも"右翼"とは言えないだろう。

 さて、このようなナショナリズム的な風潮は、風俗業界とは縁遠い存在と思うかもしれないが、実はそうは言っていられない現実があるのだ。そのひとつが、増加する外国人による風俗利用をどうするか?という問題だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >