2019/01/18 15:00

平成31年の貨幣セットに申し込み殺到! 平成16年から1枚も発行されていない2000円札も要る?

 造幣局では毎年、貨幣セットが販売されています。今年は平成最後の年ということもあり、「平成31年」が刻まれた貨幣セットへの申し込みが殺到して、初めての抽選販売となる可能性が出ているのだとか。受付期間が1月10日~30日ですが、16日の時点で予定数量の3万セットを超える申し込みがあったらしく、当選倍率はすごいことになりそうですね。

 ということで、今回は「お金」にまつわるデータを調べてみました。

 まず、グラフ1-aは日本銀行券(紙幣)が年にどれだけ発注されているかのデータになります。

<グラフ1-a>造幣局「銀行券発注高(平成30年度)」のデータをもとに、筆者がグラフ化しています(クリックで拡大)


 平成16年度は1万円券が25億4000万枚で最も多く、次いで1000円券が12億3000万枚、5000円券が3億1000枚でした。その後、平成20年度を境に1000円券が1万円券を逆転。平成30年度では1万円券が12億枚、1000円券が15億7000万枚、5000円券が2億3000万枚の発注高となっています。平成30年度の発注高を金額にすると、14兆7200億円分の紙幣が発行されているんですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >