2019/02/09 11:35

虫の知らせ 「今日は何か変だ...帰った方がよさそうな気がする」|川奈まり子の奇譚蒐集二二


 あまりメジャーではない四字熟語に『炊臼之夢』というのがあって、どんな意味かというと妻と死別することのたとえで、元となった故事が『酉陽雑俎(ゆうようざっそ)』という唐王朝時代の中国の怪異録に載っている。
 幸い東洋文庫から日本語訳の新書が2巻組で出ているので確かめてみたところ、2巻の「巻八 20 夢」という章に件の話があった。
 小題は「占い師の徐道昇の話」。

関連記事幽霊画の祟り(前編) 「某オークションで手に入れた謎の贋作」|川奈まり子の奇譚蒐集二〇

 臼で炊く夢を見た旅商人が夢解き(夢占い)のもとを訪ねて夢の意味を問うと、夢解き曰く「お帰りになると奥さまはおられません」。臼で炊いたのは釜が無いからで、釜は中国語で同音の「婦」つまり夫人に通じるのだという。その後、旅商人が帰宅すると、果たして妻は本当に亡くなっていた――。

 臼で煮炊きをするといった意味不明な夢は、妻の死という不吉を暗示する虫の知らせだったのだ。虫の知らせという言葉は、親しい人の死や災難など良くない出来事が起こりそうだと感じたときに用いられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >