2019/02/18 11:01

教育が変わったのか人間が変わったのか 昭和にいた「こんな変な先生たち」  |中川淳一郎


 以前も奇天烈な昭和時代の小中学校の先生については書いたことがあるが、なんだかんだ言って、自分が子供時代に出会った大人でヘンだったのは先生というイメージ強いのでもう一回書いてみる。一応、近所の大人や親戚のおじさん、おばさんらはまともな人が多いし、ヘンテコな発言などはあまり知らないのだが、先生は今考えるとかなり面白かった。

過去記事【小中学校の体罰】こんな体罰が確かに存在していた時代|『オレの昭和史』中川淳一郎連載・第七回

 果たして今の時代、こんな先生が受け入れられるのかは分からないし、親がクレームをつけるレベルなのかもしれないが、当時(1984年~1987年)に出会った先生を振り返ってみる。

 元女子プロレスラーとの噂があった女性体育教師が見事なまでに男子生徒の尾てい骨にトゥキックを食らわせたり、ヨネスケもびっくりの巨大しゃもじを持ち、壁際に一列に並ばせた生徒の尻を次々と叩いていくことは以前述べた。

関連記事高校教師が生徒に右ストレート しかし動画を撮るために教師はハメられていた そして見る側もまんまと...

 他にも印象に残る教師は大勢いるが、歴史の教師は印象に残っている。特に覚えているのが、同氏がコロンブスについて言及した時のことだ。アメリカ大陸を発見したのがコロンブスであることを伝える場面だったのだが、コロンブスの名前を出す際は「コロン」と平坦に言った後に「ブス!」と大声で言い、クラスでもブス扱いされていた女子生徒の方を見るのである。この様子に男子生徒は大はしゃぎ。次にコロンブスについて言及するにあたり、先生がどの女子生徒を見るかに注目するという、学習とはまったく関係ない面での注目が集まっていたのである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >