2019/02/26 09:57

ゲーマーの祭典「カプコンカップ」で賞金不正か ライセンス持ってないと1/5に減額......?


「eスポーツ」という大きな流れが世界を席巻しているが、ゲーム大国と呼ばれながらもeスポーツには少々乗り遅れ気味のここ日本。2018年よりようやく日本国内でもプロゲーマーライセンスを発行する団体が本格始動となり、巻き返しに期待がかかっている。

 それでもまだ高額賞金を謳うゲーム大会開催の困難さや、「プロゲーマー」に対する定義や契約の内容など手探りの部分は多く、今回はこのような手探り部分から炎上騒動が発生となってしまった。

関連記事ルールを重要視し障害のある人を差別 eスポーツ種目「シャドウバース」公式大会で運営側の"いじめ"か

 発端となったのは2018年12月に開催された格闘ゲーム「ストリートファイターV アーケードエディション」の公式世界大会「カプコンカップ」。

 この大会で、7位タイとなった選手が、約50万円の賞金が受け取れる入賞であったにもかかわらず、紆余曲折あり10万円しか受け取っていなかったことが女性プロゲーマーのYouTube配信で明らかとなったため騒動に。

 なお、賞金減額の理由は入賞者がプロゲーマーとしてのライセンスを取得していなかったためとのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >