2019/02/03 08:00

interview 永瀬正敏

 『この作品は、様々な感想や意見が出る珍しい作品だと思う』と永瀬さんは話す。
「楽しかったり悲しかったり、観ていてわかりやすい作品も良いのですが、映画はそれだけではないと思うんです。この映画は観終わったとき、僕はこう思う、いや私はこうだなって、色んな意見が出る作品。あの後2人はどうなっていくんだろう… とかを想像して、観客にもうひとつのエンディングを作ってもらえたら嬉しいですね。昔は映画を見た後、飲みながらあーだこーだ言い合うのが楽しかったんですよ。そういう意味では若い方たちに観てもらいたいかな。“泣けたー”“面白かったー”で終わりにしないで、色んな人と感想を言い合うという楽しみも知ってもらえたら嬉しいです」

 最後に、今月号の『ギフト特集』にちなんで、永瀬さんの記憶に残るギフトのお話を伺うと。
「この撮影のとき、新くんに写真集をもらったのが嬉しかったなぁ。ロケ地だった山形には土門拳さんの記念館があるのですが、そこに行ってわざわざ買って来てくれたんです。お互いに写真が好きだから嬉しかったですね。でもそれ以上に僕が記念館に行く時間が取れないことを彼がわかってくれてたことに感動しました。ギフトって物はもちろんだけど、その背景を想像するとよりグッときますよね。お返しをするとしたらやっぱり写真集かなぁ。彼がまだ知らないカメラマンを探して“この作品、どう?”って渡したい。あ、でもこれを言っちゃうとプレゼントしなきゃいけなくなっちゃうから、黙っておけばよかったかな(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >