楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/25 11:00

食卓を簡単におしゃれに魅せてくれる!暮らし上手さんに教わる豆皿の魅力

小さなお皿…豆皿。ちょこんと和菓子をのせたり、クッキーをのせたり。少し大きめなものは茶托に使えたりと、とっても使い勝手いいのです。

豆皿とは

豆皿は直径10センチぐらいより小さいお皿のことをいうそうです。小さくて見ているだけでも可愛くってついつい集めてしまいます。大きなお皿に比べて買いやすいお値段というのもありますが…。

手のひらにちょこんとのるくらいのサイズで、元々は江戸時代に食事のお膳の中に「お清めの塩」を盛るための小さなお皿だったようです。

お皿は寸で数えますが、5寸皿がおかずやパンをのせるのにいいサイズで4寸皿が小皿。それ以下が豆皿になります。

作家さんのお皿や有名な有田焼や益子焼、大きなものはお値段がそれなりにするので手がだせなくっても小さな豆皿は器ビギナーさんにもオススメです。大きなお皿では色がちょっと冒険かなって思えるものや形が変わっているものも、小さな面積だと挑戦しやすいと思います。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >