2019/02/04 18:00

保険見直しのポイントは?削っていいとこ、ダメなとこ

保険見直しのポイントは?削っていいとこ、ダメなとこ
保険見直しのポイントは?削っていいとこ、ダメなとこ

生命保険の見直しといえば、どうしても保険料に目が行きがちです。もちろん保険料を負担に思う気持ちはわかりますが、保険はそもそも万が一のリスクに備えるものです。

保険料を安くしたら、保障内容が薄くなっていざという時に役に立たなかった……となっては保険の意味が薄れてしまいます。その反面、よくわからなくて保障が重複していて保険料の支払いが膨らみ、もったいないといったこともあります。

そこで今回は、保険料だけでなく保障内容や保険の考え方全般についてポイントをお伝えできればと思います。


生命保険でカバーできる5つのお金

生命保険でカバーできることができるのは、大きく5つに分類することができます。

1.死亡したら必要になるお金
お葬式代・遺族の生活資金・遺品整理の費用・借入金の相殺など
2.病気やケガで必要になるお金
健康保険の自己負担・個室料・先進医療などの高額な治療費・治療の間の生活費など
3. 介護で必要になるお金
介護サービスの費用・施設への入所費用・障害者になってしまった時の生活費など
4. 長生き老後に必要なお金
生活費・娯楽費など
5. 学資金など将来貯めるべきお金
子供の高校や大学の費用・子供の結婚費用・孫にあげるお金など

上記の分類から、今の自分にとってどんな保障が必要なのかをまず考えてみましょう。保険に加入した当初から時間が経てば必要な保障は変わります。

漠然と考えているより、何の目的で誰のために保障を必要とするのかが明確になってくるはずです。

どの時期にどのくらいの金額が必要か?必要保障額を考える

どんな保障が必要なのかがわかったら、どの時期にどのくらいの金額が必要かを考えなくてはなりません。それには、まず今加入している社会保障制度や会社独自の制度を確認する必要があります。

サラリーマンの場合、健康保険が組合健保加入者と協会健保加入者では組合健保の方が医療を受ける際の自己負担が少ないことがあります。また、将来もらえる年金や遺族年金、退職金や死亡退職金、弔慰金がどのくらいあるかによって加入するべき保険金額が変わります。

自営業であったり、おひとり様であったり、人それぞれ置かれている環境や家族構成も違います。一度ライフプランを立て、キャッシュフロー表を作成してみると、死亡保障で準備する金額や学資金や老後必要になる資金や必要な時期が明確になります。

また、医療や介護にかかる費用は生命保険文化センターのホームページのデータなどを参考にすると良いでしょう。生命保険文化センターによると、入院時の自己負担費用の平均は約22万円とあります。


<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度>
直近の入院時の自己負担費用
注1:過去5年間に入院し、自己負担を支払った人をベースに集計。
注2:高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。
注3:治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品費などを含む。

社会保障で確保している金額を除いて、不足分を生命保険で補う形を考えます。

現在保険に加入していて、新しい保険を検討しているのであれば、安易に解約して別な保険に加入するより、これまでの保険を活かしたほうがメリットが大きいこともあります。

加入している保険を活かす場合、一部を解約したり、不足分を新しい保険で補うことになりますが、保障の重複や、肝心な保障部分を解約しないよう注意が必要になります。

また、場合によっては解約したい部分だけの解約ができないこともありますから、充分納得したうえで進めましょう。ただし、新規の保障に加入してからの解約にしないと、審査で新規の保険に加入できなかったなんてこともありますので慎重に進めましょう。

保険金の受取人や、保険金支払い要件を確認する

保険を見直すときには、保険金支払いの時のことも認識しておく必要があります。

死亡時の保険金の受取人を誰にするのか、自分が保険金を請求したくても請求できない事態が起きた場合、代わりに誰に請求してもらうのか?なども考えなくてはなりません。

保険は契約なので受取人にお金が行きます。それ以外の人は基本的に保険金を請求できないので受取人の指定は重要です。また、保険金が支払われる要件も重要です。三大疾病や介護保険などは、どのような病名なら出るのか、どのような状態なら出るのかが保険会社によっても違います。

例えば、三大疾病を対象とした保険でもA社は心筋梗塞という病名を絞って対象としているが、B社は心疾患という幅広い心臓病を対象としていたりします。

また、C社は心筋梗塞になって、労働制限を医師に強いられて60日経過したら保険金が支払われる、D社は心筋梗塞で入院すれば保険金が支払われるということがあります。出ると思っていたら出なかったとならないように、確認をしておきましょう。

全部でいくら払うのか、いくらもらえるのか、総額計算を忘れずに

掛け捨ての保険であれば、長期にわたって支払う保険料が全部でどのくらいなのか、保険金がどのくらい出るのか?お金が貯まる保険であれば全部でいくら保険料を支払ってどのくらいのお金がたまるのか?も重要です。なぜなら保険の効果を確認できるからです。

自分の貯蓄や投資のお金では賄えないと思うのであれば、掛け捨ての保険であっても効果は大きいと考えられます。その反面、このぐらいなら貯蓄や投資で賄えるというのであれば、保険以外の方法をとることもできます。

保険でお金を貯める場合は、保障がついた上で貯めるということになります。保障付きで貯めるメリットとデメリットを確認しましょう。

保険料は、月々は小さい金額ですが、結果的に相当大きな金額を支払うことになるので、金額の総支払額のチェックは怠らないようにしましょう。

保険で削っていいところとダメなところは?

ここまで書いてきた保険の見直しのコツを踏まえて、保険を削っていいところとダメなところをまとめてみました。

【保険で削っていいところ】
・社会保障や会社の制度ですでにカバーできている部分
・生命保険での保障が重複しているところ
・ことが起きても貯蓄で賄えること
・加入していても保険金が出にくい場合

【保険を削ってはダメなところ】
・貯蓄や投資で賄えない高額なお金
・将来必ず準備しなくてはいけないお金
・これまで加入の保険で貯めている部分が大きく損する場合
・貯蓄で賄えても貯蓄を使いたくない場合
このような視点で考えれば、あとは不足部分の保険商品選びになります。

保険の見直しを第三者の手を借りる場合の注意点

保険商品も医療の治療方法の変化や、世の中の変化によってどんどん変わっていますので、保険の見直しや、保障を考えるにはなかなか一人では難しいものです。

第三者であるアドバイザーの話を参考にしながら保険を検討することがほとんどだと思います。アドバイザーは保険会社の人、保険代理店の人、ファイナンシャルプランナーなどがいます。

ただし、アドバイザーにもいろいろな人がいますので、アドバイザーの見極めは重要です。

保険商品の話しかしない人、高額すぎる保障を勧める人、社会保障や税金の知識がない人、保険加入を急がせる人は要注意。保険相談は無料のことが多いので、ある程度相手を確かめてからでもいいかもしれません。

また、お金を支払ってファイナンシャルプランナーに相談すれば、あなたの立場で保険の見直しを考えてくれます。

大切なお金を、保険で無駄遣いしないようにしっかり、見直しをしましょう。

(廣木智代)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >