2019/01/27 18:00

介護で苦労した長男の嫁が報われる?相続法はこう変わる

介護で苦労した長男の嫁が報われる?相続法はこう変わる
介護で苦労した長男の嫁が報われる?相続法はこう変わる

40年ぶりに相続法が改正され、今年から実際に新法が私たちの生活にかかわってきます。

年を取ってからの相続では、残された高齢の配偶者の安心できる生活を確保することが必要とされていました。また、相続トラブルを防止するはずの法律が、かえって家族間の亀裂を深くすることも少なくなく、法律そのものの見直しも望まれていました。

今までの問題点と、どう変わったか、気を付けるべき点についてお伝えします。

「相続法はどう変わる?」第2回目は寄与分制度の変更について解説します。今まで介護で苦労したのに報われなかった長男の嫁を例に具体的にみてみましょう。


介護で苦労した長男の嫁には、つれない法律だった

たとえばこんな場合。

長年、義父の介護をしてきた長男の嫁は、長男である夫が不慮の事故で亡くなった後も、引き続き同居して、義父の療養看護につとめています。義父には実子の二男や長女がいますが、実家にはめったに寄り付きません。その状態のまま、義父が亡くなったとしても、最後まで看取った長男の嫁には相続財産は何もありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >