2019/02/10 18:00

夫の死亡で突然預貯金が凍結…のトラブルが相続法改正で変わる!

夫の死亡で突然預貯金が凍結…のトラブルが相続法改正で変わる!
夫の死亡で突然預貯金が凍結…のトラブルが相続法改正で変わる!

40年ぶりに相続法が改正され、今年から実際に新法が私たちの生活にかかわってきます。

今まで人がなくなった場合、突然預貯金が引き出せなくなり、家族が困るというトラブルがありました。今回の改定でこちらも改定されます。どう変わったか、気を付けるべき点についてお伝えします。

「相続法はどう変わる?」第3回目は亡くなったときときの預貯金の対応です。新制度でできるようになったこと、今後気をつける点について解説します。


夫の死亡で預貯金が凍結されていた

一家の大黒柱が突然亡くなり、お葬式費用や当座の生活費を引き出しに行ったとき、金融機関の行員に死亡の事実を伝えた途端に、預貯金が凍結され1円たりとも引き出せなくなります。

これは、人が亡くなると、その瞬間にその財産は相続人全員の共有財産に変身してしまうためです。これが引き出せるようになるのは遺言があるか、遺産分割協議で相続人全員が合意した場合です。

なぜなら、いち早く窓口に現れた相続人が、自分の法定相続分を払い出してほしいと言っても、実は、分割協議の結果によってその相続人が引き継ぐ預貯金は無いかもしれないのです。金融機関は争いに巻き込まれないためにも、相続人全員の合意の署名・押印がそろった分割協議書がないと1円たりとも払い出しに応じませんでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >