2019/01/22 06:00

米FRB利下げにも現実味?2016年に見る今年のドル円相場の行方

米FRB利下げにも現実味?2016年に見る今年のドル円相場の行方
米FRB利下げにも現実味?2016年に見る今年のドル円相場の行方

今年は2016年と状況が似ているとされます。一体どういうことでしょうか。同年と比較しながら、為替市場の今後の動向を占ってみたいと思います。


為替相場の転換は2018年に起こっていた

さて、年初のドル急落はともかくとして、円高ドル安基調がスタートしたのは昨年終盤でした。特に10月上旬は為替相場の転換点とも言えるだけに、ここで一度おさらいをしてみようと思います。

重要な役割を果たしたのは何と言っても米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長です。10月3日の講演で同氏は、中立金利まで長い道のりがあるという認識を示しました。米国経済の力強さを考えると、ある程度のタカ派的な発言は自然だったかもしれません。

市場は当然のように利上げサイクルが道半ばであると理解し、米国債利回りは上昇余地を試す展開となりました。このこと自体はドルの支援材料と言え、ドル円は翌4日に一時114円55銭と同年の円の最安値を示現しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >