2019/01/31 06:00

実は間違いだらけ?株価予想の正しい活用法とは

実は間違いだらけ?株価予想の正しい活用法とは
実は間違いだらけ?株価予想の正しい活用法とは

昨年の今ごろは「日経平均が2018年末に3万円へ到達する」といった強気の予想が目立ちましたが、実際は大方の予想を裏切る結果となりました。それを受けてか、今年は全体としてやや慎重な予想が目立ちます。

今回は、この「株価予想」をどう投資判断に活かしたらよいのか、プロの投資家の手法を基に考えてみます。


予想から利益を出すという発想は間違い?

「株価の予想」と聞くと、ある1つの予想を参考に売買の判断を行い、予想した株価に到達したところで利益を確定するというアプローチを想像しがちです。

しかしプロの投資家は、1つの予想にこだわることはありません。彼らは、投資判断を下す上で、少なくとも2つ以上の予想を使いこなしています。その中には「株価が下がる可能性が高い」という内容の予想と、「株価が上がる可能性が高い」という内容の予想が同居している場合も少なくありません。

これだけをみると、私たちは「買うべきか、売るべきかの判断に迷ってしまう」と思ってしまいそうですが、プロの投資家は買う、売るといった判断自体はそれほど重視していません。彼らは予想から利益を出すという攻めの発想ではなく、リスクを適切に管理し、効率的な運用を行うという守りの発想で予想を活用しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >